その身体の使い方合ってます?其の二

なんば随一のプロトレーナーセラピスト!!

スポーツクラブNASなんばパークス店内にあるトレーナー、インストラクターも通う姿勢矯正・美容整体・身体機能改善「あすりは整体院」のブログを読んでいただきありがとうございます。

おはようございます!

 

このタイトルで前回書かせてもらったら反響が大きかったので、第2弾です!!

http://cocoreha-namba.net/wp-admin/post.php?post=1001&action=edit

暖かくなり着る服装もどんどん薄着へとなってきましたね

やはり薄着になってくると気になる所が「お腹」「太もも」「腕」だと思います。

前回でも腹筋運動(特にクランチ)では『お腹は凹み・痩せません』と言わせていただきましたが、それについてもう少し詳しく

お腹が出る原因として代表的に2つ考えられると思います。

その1つは、オーバーカロリーによる内臓脂肪・皮下脂肪の増大

もう1つは、体幹が衰え、内臓が下がり、骨盤後傾位となり下肢前面の力みで身体を支える

 

1つは、意思を強く持ち適切な栄養管理・運動量を行うことで解消される事で容易だと思います。(←これが1番大変なんですけどね(^^;))

もう1つは、体幹をトレーニングし、骨盤を整え、内臓を元の位置に戻してあげる事です。

そこで問題となってくるのが前回書いた、体幹トレーニングの方法なんです!!

効率よくお腹を凹ませるためにポイントとなるのがインナーマッスルなんです。

 

ブログ内でよくよく登場する「大腰筋」「ハムストリングス(太もも裏)」「内転筋」を効率よく使えるようになることで、太もも前面の筋力で身体を支える必要が無く、体幹が整い、骨盤周りが機能的に使えるようになり、下がった内臓を持ち上げることが出来るのです。

太もも前面の無駄な筋肥大も解消され脚がスッキリ、そして内臓が上がると、内臓機能が向上し基礎代謝UPが期待できるのです。

と、言うことは・・・1つ目にあげた、適切な栄養管理・運動量にも影響がありますね

 

これを読んだ皆さんは、どちらから行えば効率がよいのかわかりますよね!!

「お腹スッキリ イラスト」の画像検索結果

追記

クランチで主に鍛えられる筋肉は「腹直筋」はアウター優位の筋力なので、お腹は凹みません

インナーが使えるようになったら腹直筋も自ずと効率よく鍛えられますのでご安心を

見た目はシックスバックだとカッコいいですけどね(o^―^o)ニコ

方法を間違うと身体が固まり機能的に使えなくなるのでご用心

 

今日も皆様が最幸で健幸に過ごせるように全力でサポートさせて頂きます💪💪

あすりは整体院
TEL06-6632-6677


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA