熱中症②

スポーツクラブNASなんばパークス店内にあるプロトレーナーによる鍼灸・整体「ここりは鍼灸院」のブログを読んでいただきありがとうございます。

 

前回の熱中症の続きです。

今回は熱中症対策について

熱中症は屋外だけでなく室内でも十分起こります。

引き起す要因として「環境」「からだ」そして「行動」です。

3つの要因が揃うことにより、身体のバランスを崩し「熱中症」が引き起こります。

「環境」は気温・湿度の高さ、無風など気象条件、締め切った室内etc

湿度が高いときは注意

「からだ」は乳幼児、高齢者、寝不足、栄養不良、病中・病後etc

地面の照り返しに注意

 

「行動」は激しい運動、長時間の屋外作業、慣れない運動etc

畑作業

熱中症の予防には

「涼しい格好」、「適切な水分補給」、「風通しのよい日陰」、「外出時は帽子、日傘」

暑さを避けよう

大切なことは、熱中症なかぁと感じる前に、早く対処することです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA