目的に合わせた「ストレッチ」を!!

なんば随一のプロトレーナー&元トップアスリート女性セラピスト在籍!!

スポーツクラブNASなんばパークス店内にある鍼灸・姿勢矯正・美容整体「あすりは整骨院」のブログを読んでいただきありがとうございます。

 

おはようございます。

今日はコートを着ていると、暑いくらいですね!

でも明日からはまた冷え込むようで・・・

体調管理にお気を付けくださいね(>_<)

 

 

さて現在、千野がストレッチチャレンジをしておりますが、怪我の予防、健康維持、ダイエットにストレッチが良いと、普段から柔軟を頑張られている方も多いかと思います。

 

ところで、「ストレッチ」にも種類があるのはご存知でしょうか?

大まかに分けると、静的ストレッチと言われるものと動的ストレッチと言われるものの2つに分けることが出来ます。

 

 

簡単に説明を加えると、静的ストレッチは、20秒~30秒、ゆっくり伸ばしていく、おそらく「ストレッチ」と聞いて皆さんが頭に浮かぶものです。

 

 

 

動的ストレッチは、動かしながら可動域を広げていくものです。

 

 

 

静的ストレッチは、疲労物質を流すことや、リラクゼーションとしての効果が高く、運動後におススメのストレッチです。

しかし、こちらは筋肉の出力が低下してしまいますので、クールダウンには効果的ですが、運動前のウォームアップとして行うと、逆にパフォーマンスを落としてしまうことになります。

 

 

身体が柔らかい=可動性が高いとは限りません。

柔軟性があっても、筋力や神経伝達などの環境が整っていないと、機能的に動かすことができないのです。

いくら身体を柔らかくしても、思うように動かなければ怪我のもとにもなりますし、パフォーマンスも上がりません。

当院ではストレッチを、「柔軟性を高める(flexibility)」ではなく、「動きの可動性を高める(mobility)」である事を目的として指導しています。

これは、スポーツをする方に限らず、腰痛や肩こりなどの予防に行う方も当てはまります。

そこで、メインでお伝えしているのが動的ストレッチになります。

ただ体温を上げ、筋肉をほぐすだけでなく、「これから動きますよ」という神経伝達をスムーズに促し、機能的に動かす為のストレッチです。

これまでにご紹介してきたエクササイズにも、動的ストレッチが含まれます。

 

 

この静的ストレッチと動的ストレッチは、同じ「ストレッチ」と言われるものですが、全く異なった働きをしますので、目的に合わせて使い分ける必要があるのです。

 

千野が行っているストレッチも、タイミングに合わせて両方を併用しています。

 

 

また、ストレッチで気を付けないといけないのが「オーバーストレッチ」。

痛いのを我慢して、無理やり行ったり、長時間やりすぎたりすると、筋損傷が起こり、逆にケガとなります。

 

 

ダイエット、姿勢改善、パフォーマンスアップ等、身体を変えるには、本人のやる気と気合が一番・・・だと思いますが、くれぐれもやりすぎ、無理しすぎには注意してくださいね(^^;)

正しい方法で毎日コツコツ・・・これが一番の近道です( `ー´)ノ

 

 

今日も皆様が最幸で健幸に過ごせるように全力でサポートさせて頂きます💪💪

あすりは整骨院
TEL06-6632-6677


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA